古典はどのように勉強していくか!個別指導の学習塾Ace【金沢市】のおススメ勉強法

古文なんて簡単(現代語訳で古文を理解する)

現代の子どもたち(中学生)にとって古典や文法は苦手科目の筆頭に挙げられます。
日常会話とはかけ離れた言葉であり、品詞や活用形などを普段から意識していないからです。
しかし、そうした子どもたちでもアニメやマンガの世界では歴史物に興味を持って接しています。セリフが現代語訳され、視覚から入る事が出来るのでイメージしやすいからでしょう。
同じ事が国語科の古典にも当てはまります。いきなり品詞分解や変格活用を問われても、普段使わない言葉は子どもたちにとって外国語と同じです。

古典を理解するコツは一度頭の中で現代語訳にしてしまう事です
もちろん、このやり方は学校の授業では推奨されていません。古典を現代語訳する事が文科省の目指す学習の目的ではないからです。

しかし、古文の内容を理解するために、イメージしやすい形に置き換えた上で、古文の抑えるべきポイントや文法上の決まり事を学習しても決して間違いではありません。

どれだけ点数を重ねるかが最重要事項です
ハッキリ言えば、社会に出てから古典と触れあっていく人は少ないものであり、大多数の人々にとって古典という教科は、受験時に点数を重ねればそれでいい科目といえるかもしれません。

一見遠回りに感じる学習方法ですが、理解するという目的のためには一つの方法です。こうした方法は子どもたちにとって遠回りに感じるが故に敬遠されがちです。

しかし、古典や古文に興味を持つきっかけとして効果があります。興味・関心を持てば子どもたちは自ら勉強を始めます。勉強のきっかけ・動機を作るには子どもの個性に応じたきめ細かい指導が必要になります。

個別指導によって学習の動機付けという教室の中だけではフォローしきれない部分のサポートを行う事が出来ます。

個別指導塾Aceは古典の勉強も苦にならない

上でもちょっと触れましたが、個別指導の学習塾Aceでは古典を頭の中で現代文へと切り替えるための術を教えています

実際に古典を読みながら、講師と一緒にテキストを進めることで古典を自然と現代文として読めるようになっていきますので、読解面についての習熟がとても速くなります。

加えて、高校受験や大学受験で点数を取るためのノウハウが古典にもあります。なぜなら、出題傾向がとても限られている科目だからです。

受験を実施する側の視点に立つことでいろいろなものが見えてきます。単純にいえば、点数を確かに付けるために正解と不正解を明確に線引きしなければならないので、国語教科でこれをおこなうためには出題傾向が出題者側にとって狭められてしまうわけです。

なぜ正解なのか、どうして不正解なのか、これらが不明瞭であれば受験問題として出題できません。

個別指導の学習塾Aceでは、採点者がバツを付けることのできない解答法を数多く持っておりますので、受験でしっかりと点数を重ねていくことができます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする