英語が強いと評判の金沢市の塾の考え方

金沢市の個別指導の学習塾

受験英語と英会話の違い

金沢の塾のなかでも英語に強いと評判の個別指導塾Ace

英会話は早期に習うべきではないです。

私は【受験英語→ビジネス英語】のルートをたどり、現在も日中はビジネス英語を使用しますが、夕方以降は受験英語を教えています。

英会話で学ぶ内容をもとに受験英語へ対応できると思ったら、大間違いです。

受験英語での正答は1つだけですが、英会話での正答はいくつもあるうえにコミュニケーションですからいくらでもやり直しがききます

つまり、受験英語で×を付けられる内容であっても、英会話では通じてしまうわけです。
しかも、通じなければ、やり直しがいくらでも効きますので、緊張感を持って確かな解答をする必要がありません。

曖昧な表現でもコミュニケーションを重ねることで通じてしまうわけですから、受験英語では戸惑いばかりを感じてしまうことでしょう。

話題になっているピコ太郎の歌詞を例に挙げてみると・・

「What do you have?」と聞かれて、

「I have a pen.」と答えなければ、受験英語では○をもらえません。

一方、英会話では「Pen!」でも正解です。

リアルな英語からすれば受験英語も変な問題が多い

高校受験対策用のテキストを見ていると、”もっとも適したものを答えなさい”とあったりします。

さて、選択肢を見てみると・・

これでOKじゃんと思う選択肢が2つあったりします。

通じてしまうから間違いではないけれど、ポイントは”もっとも適したもの”というところ。

つまり、文法として適しているもの、なんです。

さすがに実際の入試問題では微調整が入っていますけどね。

それでも「これが出たの??」と思う問題もあったりします。

英会話を知らなければ正解するでしょうし、英会話を知っていれば迷うでしょうし、といったものです。

点数を稼いでなんぼの受験だから、そのための指導を

これまで書いてきましたように、個別指導塾Aceでは受験英語に沿った指導を行いつつ、試験には絶対出せないような曖昧なところはほどほどにしながら、文法を徹底した英語の指導を主軸に据えています。

英会話なら、極端な話、be動詞の時制を間違えていても通じます。受験なら間違いなく×です。

このように文法を強く意識しながらも、元来より”英語は英語”として読んでおりますので、気にしなくて良い箇所はそのように流していくのが金沢市増泉にございます個別指導塾Aceの英語教育の強みです。

受験で配分の大きな長文問題に苦しむことがなくなり、むしろ得点源となる英語指導をご提供いたします。

まずは気軽にお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする