学校・先生と生徒の相性。そこに必ず生じている矛盾

生徒と先生の相性について

子どもも一人前の人格を持っています。人格があるという事は個性や相性の問題も発生します。

学校という集団環境では、相性の問題は最大公約数的に扱わざるを得ません。多数の生徒一人ひとりに先生が個別に対応する事が難しいからです。
しかし、相性が良くないからと言って、そのままの状態が長く続けば生徒にとっていい結果にはなりません。そして、学校では少なくとも1年間は相性の問題が続いてしまうのが最大で不可避の問題です。

学校での教育内容や指導を否定するわけではありませんが、多数の生徒対一人の先生という体制ではカバーしきれない部分を放置しておくのは、生徒のために良くありません。
生徒の持つ潜在的な学力を引き出して、試験の結果という形にするには生徒との相性の問題も含め、生徒を様々な角度から観る仕組みが必要です。

学校生活を元に、生徒一人ひとりを取り巻く環境を充分に考慮した上で、生徒に最適な指導法を選択する事で、生徒は自主的に勉強するクセを付けるようになります。

試験の結果が上がるという明確な結果が、生徒自身の中で自主的に勉強をする目的に変ります。
目的という動機付けをするだけに終わらず、目的を達成する援助の手を時には差し出す事も大人の責任です。
問題は援助のタイミングと方法を誤らない事です。生徒一人ひとりに寄り添う指導がその解決になります。

学習塾を金沢市内で探しているなら個別指導塾Ace!

金沢アピタすぐ目の前にある個別指導の学習塾Aceでは、基本的に“学校は学校、塾は塾”といった考え方のもと、生徒さんそれぞれの個性を大事にしながら日々の学習サポートにあたっています

学校生活では誰もが何かしらの悩みを抱えているものであり、それらの相談を受けることも多々あり、それぞれに親身になってお話いたしております。

学校と塾で明確な区分をしている理由は、受験合格のための最短ルートを学校教育が邪魔していることが少なくないためです。
例えば、高校3年生で政治経済や複数の理科・社会の科目を授業としておこなっており、その課題を提出させる学校は生徒さんの受験を応援しているとはいえません。
義務教育であるのでいくらか仕方のない面もあるかもしれませんが、中学3年生に美術・技術といった過程を強いることにどれだけ多くの生徒がメリットを享受できるのでしょうか。

このような矛盾を解消しているからこそ、東京や大阪では私立偏重となっており、名門という評価を受けることとなっています。
公立偏重の石川県とは事情が異なるといえど、大学受験、社会に出てから、は全国区の勝負となりますし、そのなかで活躍していくためには個人としての力量が問われます

学校は集団生活を通じて社会性や協調性を育むための貴重な時間に他なりませんが、自分自身が個人として何を優先すべきなのかを考えていく必要があります。

金沢市中心部にある個別指導塾Aceでは、学校で出されている課題や定期テスト対策も含め、志望校合格までの最短ルートを歩んでもらえるよう学習スケジュールを個別に提案することに努めています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする