数学が苦手な中学生・高校生は必見!数学の勉強の仕方

数学が苦手な中学生・高校生は必見!数学の勉強の仕方

数学に苦手意識を持っている中学生・高校生を多く見かけますが、数学の成績をそのままにしておくことはとても勿体ないことです。

よく、社会や理科は暗記すればいいだけなので点数をすぐに稼ぎやすいけれど、数学は理解を深めなければならないので無理、という声を聞きますが、

これは間違いです!

数学こそ、問題の解法を覚えてしまえば、後は数字を代入するだけで正解を導くことができるので、より確実に得点を稼ぐことができるようになります。

そもそも、数学を理解しようとすること自体が間違いなんです。

例えば、解の方程式を考えてみてください。

なんで、あのような式になっているのか理解する必要はありませんよね?

そのようなものなんだと覚えて、目の前の問題に公式を使用していくだけです。

高校受験では出題パターンは限定される

例年の石川県公立高校入試もそうですが、石川県に限らず、全国のものを見ていても公立高校入試に出題される数学の問題はほぼパターン化されています。

つまり、解法さえ覚えておけば、だいたいのものには対応できるようになるのです。

最終的に得点を左右するのは、記憶したはずの解法をどのように利用していくかによるものであり、その過程を誤ってしまえば、数学の問題は解けません。

金沢市の個別指導塾Aceでは、パターン化された解法の学習はモチロンですが、その後の解法の利用について柔軟性ある方法を教えていますので、数学が苦手な人ほど点数が取れるようになります。

英語ばかりをアピールしているようですが、数学もしっかりと学べる学習塾が個別指導塾Aceなのです。

平成30年の高校受験を控える金沢市内の中学生は、まず当塾であれば間違いありませんので、早々にお問い合わせください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする