個別指導塾Aceは超一流企業の進捗管理ノウハウを学習サポートへ取り入れています。

なぜ図書館で勉強する子どもがいるのか

週末や夏休みなど学校が休みの期間に泉野図書館や玉川図書館に行ってみると、実に多くの生徒・学生たちが自習室で勉強をしています。
この光景は少子化で子どもの個室が当たり前の現代では想像し難い現実です。図書館に限らず、ファミレスやファストフード店でも教科書を開いている子どもたちを見かけた事はあると思います。

子どもたちはなぜ、自分の部屋ではなく外で勉強をするのでしょうか。

その理由は、集中する時間と空間を求めているからです。

友人とも家族とも切り離された場所で、自分のペースで勉強をしたい。
そうした欲求を持った子どもたちが図書館やファミレスに集まるのです。しかし、図書館には閉館時間がありますし、ファミレスも無料ではありません。

では、そうした子どもたちが勉強したい、と思うような空間を大人が提供すべきではないでしょうか。学校とも自分の部屋とも違う、勉強だけの空間。
そして、自分自身の勉強に行き詰まったら質問を受けてくれる信頼できる人間も居ればより安心して勉強に取り組めるはずです。

一般の学習塾では残念ながらこうした環境は整えられません。
少人数とはいえ、生徒一人ひとりの質問に答えたり指導したりする事は難しいのが現実です。
図書館から子どもたちを解放するためにも、個別での指導が可能な環境が必要です。

個別指導塾Aceであれば、しっかり家庭学習まで促します

金沢市の個別指導の学習塾Aceでは、プロジェクト管理におけるノウハウを学習サポートに取り入れることで、家庭学習を促す学習サポートをしていますので、自宅で学習しなければならない状況を自然と作り出しています

単純に、課題を出すというものではありません。
出した課題を、自宅でも取り掛かりやすくするための指導です。

例えば、ある単元を進めていたその日、習熟度から判断しながら途中で打ち切り、残りは自宅でやって次回に持ってきてもらいます。
もちろん習熟度が付いてきていない場合にはみっちりとその単元を終わらせます。

他の学習塾では、その日に決めた範囲をこなして次回へ、というスタンスがほとんどでしょう。

途中で打ち切ることで弊害はないのか?と思われるかもしれませんが、これほど効率のいい課題の出し方はありません。

ハーバード出身者が多く勤めるマッキンゼーでの仕事のやり方は上記そのままです。

やりかけているものは、取り掛かりやすい。
まったくやっていないもとは取り掛かりづらい。

ちょっとの違いのようで、効果はかなり違ってきます。

だから、個別指導塾Aceは短期間の学習でもしっかりと受験で点数が重ねられるようになります。

スピード感ある学習サポートをお求めであれば、気軽に個別指導Aceまでお声かけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする