勉強で“当たった”と“わかった”とはまったく違う

高校受験や大学受験に強い個別指導の学習塾Aceでは、生徒さんと柔軟なコミュニケーションをとりながら、その生徒さんにピッタリの学習プランを立案・進行しています。

このため、生徒さんも受講時間中に自由なリアクションをしがちなのですが、課題とするプリントをやってもらい、その答えを合わせてみると、

「当たった~!」

と喜ぶこともしばしば。

“当たった”と“わかった”はまったく違うので、正しい答えを書けたからといって、そこで満足させないのが個別指導Aceの教え方です。

他の問題の解答状況を観察しつつ、本当に理解しているかどうか疑わしい場合には、何度もチェックを入れます。

「なんでこうなるの?」

と講師から質問されます。

その結果、解答があっていたとしても、その解答の根拠があいまいであったり、ただのラッキーだった場合には、それらが露となりますので、その場で正しい解法との知識の入れ替えを図っています。

受験勉強で怖いのはわかったつもりになること

金沢市の塾のなかで、消しゴムにもっとも着目しているのが個別指導塾Aceだと自負しています。

間違った解答はゴシゴシと消して、正しい解答だけを記述したキレイなプリントを持ち帰ることに、どのような意味があるのだろう、と思います。

見返すときに、自分の間違いをしっかりと受け止められないのでは、と思うわけです。

キレイなプリントを眺めるだけで、わかったようなつもりになるのが、受験勉強にとって一番タチが悪いといえます。

自分がわかっていないことをわからないまま、わからない箇所ばかりを生み出してしまった結果、わからない箇所だらけとなって受験シーズンを迎えれば、振り出しへ戻るしかありません。

ところどころ理解しているから、総復習にも力が入りませんし、わからない箇所の知識の補充にも集中を欠いてしまうのです。

そして、“当たった!”という言葉も同様の理由で怖いのです。

当たっていれば、そこを見直す確率がグンと減ってしまいますので、後になって“あれ?やり方忘れた・・”となってしまうわけです。

個別指導塾Aceが高校受験・大学受験に強い理由

金沢市増泉にある個別指導塾Aceが高校受験・大学受験に強い理由は、“わかった”を大切にしているからです。

まぐれでの正解には何の価値もありません。

数学でも、英語でも、国語でも、理科でも、社会でも、根拠があるから正解があるわけであり、根拠があいまいな問題ほど受験問題に出題されないものです。

自宅での勉強も、正解した個所を見直しつつ、その根拠を暗唱してみるといいでしょう。

特に社会の勉強法として、正解の根拠を暗唱するのはとても有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする