学習塾の倒産、過去最多を記録。個別指導塾へ人気がシフト。

学習塾の倒産、過去最多を記録

2018年の教育関連業者の倒産件数は91件となり、リーマン・ショック後の2009年(93件)に続き過去2番目の高水準となった。2015年以降、4年連続で増加している。中小規模業者は生徒数の減少に加え、人手不足で人件費コストが嵩み、経営環境が悪化している。

帝国データバンクの調査結果がニュースとなっていたので、ご紹介してみたいと思います。

学習塾の倒産が過去最多、となったらしいですが、おそらくまだまだ増えることでしょう。

例えば、個別指導塾Aceの最寄りにある金沢市立中村町小学校は1学級しかない学年もあるほど、少子化が進んでいるのですから、金沢市内でも業界自体が縮小傾向にあります。

「家庭教師・各種スクール」の倒産が36件発生

業態別の内訳をみると、2018年は個人教授業である「家庭教師・各種スクール」(36件)が最多となった。講師のレベルにバラつきがある家庭教師から少人数制の個別指導塾に人気がシフトしている。次いで「学習塾」は過去最多の35件となり、増加傾向が続いている。

これは当然の推移かと思います。

個別指導塾とは、家庭教師のところへ通うようなものでもあるので、自宅へ誰かを招く負担もなくなりますし、明確に”勉強する時間”という区切りができますので、メリハリのある生活が送れるようにもなります。

個別指導塾も講師のレベルにバラつきはあると思います。

学生アルバイトがマニュアルに沿って塾へ入ったときに購入させられた教材を対象に教えるような個別指導塾は避けた方が賢明です

中小規模業者は淘汰が進む可能性も

「学習塾」は、人手不足による人件費の高騰や同業との競合が激化。少子化ではあるものの、子ども一人当たりの教育費が上昇しており、受験比率の高い東京都心部では月額10万円が相場と言われている。

受講料が月額10万円とは、金沢市内相場からするとかけ離れているような気もしますが、少子化だからこそ、これからの時代を生きていくために教育費をかけるのは正しいと思います。

親が子供に残してあげられるのは、教育だけです。

中学3年生の高校受験対策の受講料が、個別指導塾Aceの場合、2~3万円であることを考えれば、3~5倍の塾費用をかけているとのことですが、コスパでいえば個別指導塾Aceの方が勝っていると断言できます。

全国基準と金沢市内の基準を融合させて運営しているのが個別指導塾Aceだからです。

高校受験だけを照準に学習サポートにあたるだけでなく、

将来の大学受験を意識して、そこから逆算した高校受験対策も行っています。

厚生労働省によると、2017年の出生数は94万6065人となり、過去最少を更新している。昨 - Yahoo!ニュース(帝国データバンク)

金沢市内で高校受験・大学受験に強い個別指導

学習塾を取り囲む経営環境が上記のように厳しいにも関わらず、数年前にオープンしたばかりの個別指導塾Aceはおかげさまで多くの生徒さんに通っていただいております。

学生の数が減少しているのに、生徒さんが増加。

近隣だけでなく、金沢市全域から通っていただけている状況に甘んじることなく、より質の高い個別指導を実践できるよう、心がけていきます。

よくありがちな、学習塾の用意したテンプレート的な学習プランに生徒さんそれぞれを当てはめるのではなく、生徒さん一人ひとりに応じたオーダーメイドの学習プランを柔軟に運用しています。

加えて、学習機会や教材が十分に得られやすいよう、金沢市内でも最安値水準の受講料となっています。

個別指導塾Aceでダメなら、他のどの塾へ行ってもダメ

と金沢市の皆さんに思っていただけるような個別指導塾を目指しています。

学習塾はハード事業でなく、ソフト事業です。

そのソフトを自分で設計しているのか、他者から購入しているのか、も大事な塾選びのポイントとなるでしょう。