北国総合模試は受けたほうがいい?受けないほうがいい?

高校受験を控える中学校3年生にとって進路の重要な判断材料となる北国総合模試

受けたほうが、受けさせたほうがいいのかどうか迷っている方も多いと思います。

中学校でも統一テストが2回あるので、それらをもとに志望校選びができないこともありませんが、それだけでは材料として不十分です。

北国総合模試ではかなり詳しくデータが出ますので、志望校の絞り込みにかなりいい材料となります

北国総合模試でわかるデータ

簡単に、北国総合模試でわかる平均点や偏差値以外の主なデータをご紹介してみると、

1、同じ志望校を狙う集団の中での自分の位置
2、合格可能性の目安
3、できている個所とできていない個所への指摘

といった情報が得られます。

このうち1と2は、志望校選定にとても重要な情報です。

3については、正直なところ、いつも見ている生徒さんなので、“それはわかっているんだけど、本当に問題なのはそこではなく・・”と思うことが多いです。(これが個別指導スタイルならでは、です。)

北国総合模試はいつから受けるか

夏休み明けくらいから受け始めるといいでしょう

個人的には、

12月初旬、翌年1月初旬、は特に受けた方がいいと考えています。

高校受験本番で問われる範囲がほぼ網羅された内容となっており、受験者数も多くなるため、精度の高いデータが得られるからです

高校受験で問われる内容の半分近くが、中学3年生がこれから習う内容です。

しかも、内容が中学2年生までと比べてかなり難しくなっています。

これらがあまり出題されていないテスト内容、年末年始に比べて少ない受験者数、を考えると、志望校選択のデータとしてはやや弱いといえます。

もちろん現在位置の把握、これからのモチベーション喚起のために、といった目的を持って早期から受験するのも悪くありません。

個別指導塾Aceの生徒さんであれば、北国総合模試を1000円引きで受けられます

お問い合わせはお早めに

今年は多くの中学3年生をお任せいただいておりますので、例年より早めに満席となるかもしれません。

無理なスケジュールを組まず、伸び伸びと勉強できる環境下、二水高校や桜丘高校、金沢西高校に毎年合格者を出し続けている個別指導塾Aceで高校受験対策をしてみてはいかがでしょうか。

それぞれの生徒さんが自身の結果に納得して高校へとステップアップしていける高校受験対策をご提供しています。

お気軽にお問い合わせください。