中2生、中3生、現在が勝負どころ

週末で部活を引退する中学3年生も多いと思います。

個別指導塾Aceに来てくれている生徒さんも週末に向けて、受講日の変更が相次いでいましたが、いよいよ、という感じですね。

すぐに期末テストが控えているのはモチロン、高校受験本番に向けて切り替えていかなければならない時期です。

現在、個別指導塾Aceでは中2生、中3生の数学にかなり力を入れています。

中学2年生の場合には、連立方程式

中学3年生の場合には、ルートの計算と因数分解の確認

この範囲は当たり前にできていないと、2学期以降、かなり苦しむので、コチラをご覧いただいている保護者の皆様も機会があれば、このジャンルに問題ないかどうかチェックしてみてください。

期末テストの数学の点数が悪ければ、かなり要注意

金沢アピタ目の前にある個別指導塾Aceは、1回の受講で1教科と決まっているわけではありませんので、数学の学習が一段落したら、英語や国語に切り替えます。

中3英語ですと、現在完了形をメインに、過去分詞をとにかく覚えてもらいつつ、受け身との違いを明確に感じ取れるようトレーニングしています。

英語長文はなんとなく解けるから困りもの

本格的な長文読解のトレーニングにも取り組んでいますが、長文はなんとなく解ける場合が少なくありません。

なので、なんとなく解けない問題で差がつきます

大学受験のための高校生が学ぶ受験英語はまさにこの典型なので、中学生のときに英語が苦手じゃなかったのに、高校生になって点数が取れなくなる学生が多く出てきます。

個別指導塾Aceでは英文法を徹底重視する受験英語の指導を行っているので、しっかりついてくれば長文読解で安定した点数が取れるようになります

なんとなく解けるのではなく、根拠があって正解できるようになるため、どのような文章が出題されたとしても、フィーリングが合わなくて解けないといったリスクを軽減させることができます。