高校受験の志望校選びの際、よくお伺いする先々への不安

中学校ではそろそろ三者懇談が予定されており、受験先を絞っていくこととなります。

きっと多くの中学3年生が2つの高校のどちらにしようか迷っていると思いますし、子供の選択を見守る親御さんも不安を抱えながら、何かサポートできれば、と思っていらっしゃるのではないでしょうか。

これからの時期、よく相談いただくのが、滑り込みで合格した先で勉強についていけるかどうか不安、といった内容です。

極端な例を言えば、泉丘高校とニ水高校のどちらにしようか迷っており、二水高校合格は濃厚だが、泉丘高校へは滑り込めるかどうか、といった場合です。

中学校では、同じエリア内に居住する同年齢を集めた集団の中で成績が上の方だったとします。

しかし、高校では、ある水準以上の成績であった集団となるため、滑り込み合格の場合には当然、その集団の下位となります。

この違いに不安が生じるのでしょうが、あまり心配する必要はありません

高校に入ってからはリスタートのようなもの

高校へ入ってからの学習内容は中学校までの履修範囲で習った内容を活かし、新たな内容を学んでいきますが、中学校時代の成績をそのまま引き継ぐわけではありません。

だから、高校に入ってから成績がガタ落ちして、「中学の頃までは良かったんだけど・・」というケースが多く見られるようになります。

つまり、その逆もまた然り、なわけです。

高校に入ってからは、ついていけるかどうか、ではなく、やるかやらないか、のほうが大きく影響します。

高校に入ってから成績が落ちていく場合は、その多くが勉強をサボってわからなくなり、余計に勉強しなくなる悪循環を辿っています

なので、志望校選定の際、入学してから勉強についていけるかどうかを考える必要はそこまでありません。

入ってから、また新しい競争が始まるだけです。

今度は全国を相手に競争するので、中学校時代以上に学校の同級生を意識する必要もありません。

高校受験から大学受験までをスムーズに

個別指導塾Aceは高校受験に向けた中学生の学習サポートだけでなく、高校に入学してからの学習サポート、大学受験対策まで行っています

高校受験の志望校選定においても、その先の3年間を見ながら、アドバイスを行っています。

これから私立受験、公立受験の対策を行いたいとお考えの場合でも、まだ間に合いますので、どうぞ気軽にお問い合わせください

例年、高校に入っても継続していただける場合には、中学校を卒業して一息つき、高校入学後の内容を先取りするなど、充実したフォローアップを行っています

本年度、受験を迎える中学3年生だけでなく、中学1~高校2年生までの皆さまも歓迎です。