【令和2年度】2020年石川県公立高校確定倍率


金沢市の小中学校は明日よりコロナウイルス対策のため一斉休校となります。

ひと足早く休校となった石川県公立高校では、予定通り高校受験を実施するとスケジュールが確定したので、中学3年生は一安心といったところでしょう。

さて、昨日、2020年石川県公立高校確定倍率が発表されました。

・二 水 普通400 1.23 (1.28)
・桜 丘 普通360 1.66 (1.71)
・金沢西 普通280 1.34 (1.37)
・泉 丘 普通360 1.21 (1.36)
・錦 丘 普通204 1.40 (1.45)

普通の横の数字は定員、赤文字が今年度の倍率、カッコ内が昨年の倍率です。

一目見て、少子化の影響なんだろうな・・と思うほど、軒並み前年割れです。

結果、大学間の生徒の奪い合いが激化するのでしょうし、難化傾向にある入試が人気のある大学や有名な大学ではより一層難しくなる一方、乱立した大学の淘汰も進むのかな、と考えさせられます。

高校入試の倍率を気にしている生徒さんもいますが、

”高校入試の倍率なんて気にしていたら、大学受験のときどうするの?”

と声をかけると、かなりリラックスできるようです。

お子さんがナーバスになっているようであれば、お試しになってみてはいかがでしょうか。

泣いても笑っても、あと1週間。

現在できることをやって、本番でいつもどおりにやるだけです。

新中学3年生は早めの準備を!

いつになったらコロナウイルス騒動から解放されるのかと思うばかりですが、修学旅行が延期になったり、新中学3年生にとっては4月からどうなるのか不安だろうと思います。

その影響はモチロン、勉強面にも出てくるわけなので、来年度の高校受験に向けては例年以上に早めの準備が肝心。

個別指導塾Aceであれば復習も予習も、お子さまのペースに合わせて進められますので、そのお子さまにとって最も効率的な学習ができます。

3月中であれば、いつでも学習相談、無料体験を承っておりますので、まずは気軽にお問い合わせください。