C判定からの合格は気持ちいいモノ

共通試験利用方式、一般入試と私大の受験結果、私立高校入試と公立高校推薦入試の結果が続々と出ていますが、現在のところ全員が行きたい大学、高校からの合格通知を受け取っており、とりあえずはホッと一息。

中学生の場合には石川県総合模試、大学受験の場合には共通試験後や模試の判定でCが目立ったものの、最終的に合格を手にしてもらえて本当に良かったと思います。

A判定、B判定でなくとも志望校に滑り込める可能性は十分にあります。

学校の先生の進路指導は安全第一の傾向(特に高校受験の場合)にありますが、チャレンジした結果、第一志望からの合格を得られれば、それに越したことはありません。

C判定から滑り込むには、要領を抑えた学習が必要であり、本番でいつもの力を発揮できるようブレのない学力の形成が必要となります。

どこをどの程度まで学習すべきか、目標に合わせた個別指導を行っているのも個別指導塾Aceならではの強みです

高校3年生を見ていると、試験を受け終えてから万が一の場合に備えて次の日程への準備を進めつつ、志望校からの合格通知を受け取った瞬間、未来が開けるような印象。

先週、日大と近大のどちらにも合格して、今週の法政の結果待ちという生徒さんがいち早く卒業していきましたが、“東京か大阪かの二択で迷う!”と言いつつ目はキラキラ。

受験勉強が終わった瞬間ほどの開放感、未来しかそこに存在していないかのような多幸感は人生でそうそう味わえるものではないと思います。

さて、受験シーズン最後に控える石川県公立高校入試の倍率も出ましたが、

少子化進んだなぁ・・

というのが第一印象。

通ってくれている生徒さんが石川県公立高校入試を突破できるよう、あとわずかな期間ですが、気を引き締めて学習サポートに努めていきたいと思います。