成績を上げたいときに、まず大切なことは


石川県公立高校受験を迎えた今日、“どうやったら成績が上がるのか”という質問をしてくる中学校1年生、中学校2年生の生徒さんが多くなってきました。

やはり、顔見知りの中学3年生が受験を迎えていることによって、いよいよ自分が高校受験に臨む番であるとの実感を強めているのでしょう。

得意科目と苦手科目をどのように取り扱っていくか、得点が取れるところとそうでない個所はどのように対策していくか、など考えるべきところは多々ありますが、

一番大事なのは

“できていない自分を受け入れる”

ことです。

それなりの成績をこれまで保ってきた場合、なかなか“できていない自分”を受け入れるのは簡単ではありません。

できる、という根拠のない自信が先に働くのに加え、手を動かすスピードも速いので、違ったやり方で次々と問題を進めていきます。

この結果、点数が上がらず、どうしていいかわからなくなります。

文字で見れば、自分の現状の学力に気付くことなど点数を見ればわかりそうに思えるかもしれませんが、中学生や高校生にとってそれは簡単なことではありません。

だからと言って自分で気付くまで待つのは、受験まで残された時間を浪費するのですから悪手です。

誰かが、“ここができていない”と明確な指摘をすることで、こういった状況を打破できるのであり、その役割を務められるのが個別指導塾Aceです。

石川県公立高校入試お疲れ様でした

中学3年生の皆さんにとって、やっと一息つける日々となりました。

しかし、大学受験に向けた勉強はすぐに始まりますので、これまでの学習習慣を手放さないようにしたほうがベターです。

高校1年生~高校2年生の学習範囲が、大学受験で問われる内容のメインとなってくると考えれば、4月からすぐに受験勉強を始めるつもりでいたほうが後々、楽になると思います

数日くらいはペースを落とし、高校に入ってからの勉強に不自由しないよう中学校の範囲を振り返ってみるといいでしょう。

数学でいえば、2次方程式、2次関数

英語なら、文法の振り返り

あたりをカバーしておくのがおススメです。

個別指導塾Aceでは、高校1年生となった途端、大学受験に向けた学習をスタートさせています

特に英語、国語は高校とは異なる学習プランで進めていくので、きっと後々に有利な状況を生み出します

高校入学準備、高校に入ってからの学習サポートは個別指導塾Aceにお任せください。