3年後を見据え、公立高校か私立かを選択しよう

金沢市では、公立高校へ進学すべきとの風潮がやたら強いように思えますが、それぞれの将来を考えてみれば、それは決して得策ではありません。

進学サポートの充実した私立と、ほぼノータッチな公立高校では、3年後どちらのほうが優位でしょうか

こちらのブログでも何度か言及していますが、上位公立高校へ進学する最大のメリットは、“勉強するのが当たり前な学生と競い合うことができる”ことであり、授業料など学費の安さが主となってくるわけではありません。

近年になって、やっと金沢西高校が特進コースを設けた理由を考えてみれば、大学受験に向けてどの学校が優位性を持っているのかはイメージしやすいのではないでしょうか。

単純に公立高校を考えるだけでなく、私立高校の良さもしっかり認識すべきなのです。

最近で言えば、尾山台高校が金沢龍谷高校となりましたが、金沢龍谷高校の上の学校となるのはもちろん龍谷大学であり、産近甲龍と評される関西圏の準難関大学です。もしも、そこへ入りやすくなるとすれば・・、というのは推測かもしれませんが、実際には入りやすくなるでしょう。

また、個別指導塾Aceのある増泉近辺であれば、野田中学校や高岡中学校、泉中学校の校下が最寄りとなりますが、そこから近いエリアとなる公立高校は二水や泉丘といった上位高校と伏見高であり、それ以外は通学に時間を取られるエリアに位置しています。

そして、私立は金沢高校があります。

通学に往復90分かかる学校と比べ、往復30分の位置にある学校のほうが、3年間で1000時間ほどの余裕が生まれます。

それだけ勉強できると考えたら、どうでしょう。

安易に公立偏重するよりも、先々を合理的に見ながら進路判断するべきといえるのではないでしょうか。

志望校選びは3年後を見据えることも大切なのです。

この前まで中学3年生だった皆さんも、そろそろ休んでいられません。

高校に入ってから勉強に遅れを取ると、本当に悲惨な点数を目の当たりにしますので、しっかりと付いていくよう心がけましょう。

個別指導塾Aceでは、高校生の学習過程についていけない生徒さんであれば中学生の範囲に遡りつつ指導しております。

お子様の学習状況に不安があれば、まずは気軽にご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする