【英語】共通テストを終えてみた感触。センター試験との違い。

初めての共通テストが終わり、私大入試本番のラッシュ。

今回、初めて共通テストを終えたわけですが、個別指導塾Aceで大学入試対策を行っていた生徒さんは難なく対応できたようで良かったと思います。

夏頃には正答率50%~60%を行ったり来たりしていた生徒さんも本番では80%の正答率。

50を超えるくらいだった偏差値も60に迫る数字を出してくれました。

他の生徒さんも、模試でマークしていた偏差値を下回ることがなかったので良かったです。

英語は語数が多くなったせいか、難しかった、という声が多かったようですが、結局のところ長文を読み慣れているかどうか、問われている箇所について文法を含め正確な理解ができるかどうか、でした。

単語重視の英語の勉強、なんとなく読める、では対応は難しかったと思います

長文への慣れについては、どの程度の理解で読み進めていくかも大きなポイントとなるので、読みながら頭の中で和訳していくような読み方では時間が足りなくなるでしょう。

個別指導塾Aceでは大学受験対策の英語指導では、もともとのセンター試験対策同様に長文と文法の両面を徹底的にやり込むので、共通テストの傾向にもしっかり対応

生徒さん曰く、「塾でやっている文章のほうが難しいから、共通テストは難しいとは思わなかった」とのこと。

共通テスト対策は、私大対策も兼ねた学習プランを進めているので、長文読解では共通テスト以上に語数の多い長文を用いつつ、和訳や文法問題にも対応できる力を養います。

なので、これから迎える私大入試、国公立二次にもしっかり対応できます。

お問い合わせはお早めに!

この時期になると、大学受験を終えた生徒さんが卒業していきますので、やや空きが生じてきます。

金沢アピタ前にある個別指導塾Aceは少人数制の個別指導の学習塾なので、お席には限りがございます。

ご希望の日時で受講していただけるよう、お問い合わせはお早めにいただけると幸いです。