間違いのない塾の選び方【チラシ編】

間違いのない塾の選び方【チラシ編】

学習塾の中身を見計らうには、その塾のチラシを分析してみるのもいい手段となります。

金沢市内でも北國新聞や北陸中日新聞に折り込み広告として学習塾や個別指導塾のチラシが挟まれていますし、金沢情報が配布されるのと一緒にポストへ投函されていますが、その一枚には結構な情報量が含まれているのです。

学習塾のチラシの頻度をチェック

チラシの豪華さはあまり関係ありません。

最近では小ロットでも安く印刷できます。

しかし、注目すべきはそのチラシが投函される頻度です。金沢市内でエリアを絞ってもかなりコストがかかります。

仮に1万枚を配布しようとしても、本当に学習塾の近隣程度にしか届けられません。

このコストがどこから出ているのか考えれば、もちろん皆さまからいただく受講料に他なりません。

その分をどこへ転嫁するか、をイメージしてみるといいでしょう。美味しい飲食店と同じく、口コミで生徒さんが増えていく学習塾こそ、良い塾であるといえます。

チラシに書いてある受講料をチェック

授業形式の大手塾であれば授業料はプラン料金となっているので把握しやすいかもしれませんが、個別指導塾であれば、おそらく“1コマ ○○○○円”といった表記になっているでしょう。

そして、科目制限の有無については有耶無耶にされているケースも少なくありません。

個別指導塾の料金体系は安く見せかけるように工夫されているのが普通です。

このカラクリに引っかからないようにするためには、1分あたりの金額を算出してみるのがおススメです。

また、小学生のうちは格安の設定としておき、中学生以降は中1→中2→中3といった具合に料金をステップアップさせる塾も多くあります。

加えて、諸経費や教材費の取り扱い、教室運営費などその他の項目もチェックしておきましょう。授業料に加算されるため、実質的な料金に直接的な影響が出てきます。

合格実績

大手であれば、人数が多いのですから、優秀な高校・大学へと合格する生徒も多くなるのが当然です。

その一部を掲載すれば見栄え良くなりますが、肝心なのは志望校合格率です。

名前やイニシャル、写真があればまだ信憑性はありますが、生徒さん本人にとってはプライベートな情報であるため、その取り扱いについてルーズなのもどうかというのが本音です。

塾の実績、というより生徒さん本人が頑張った成果として捉えるべきであり、学習塾のチラシに掲載されている合格実績については読み流す程度でいいでしょう。

それがそのまま自分の子供に当てはまるわけでもありません。

個別指導塾Aceは?

個別指導塾Aceでは、あまりチラシは配りません。

金沢情報などにも掲載していません。

お問い合わせいただくきっかけの大半が口コミであり、次点がホームページでの情報発信となっています

授業料については単純明快となっており、プラン料金制です。

中学生の場合、1年生であっても3年生であっても、時間単価は据え置きです。

加えて、受講料以外に必要なものは入塾金のみとなっており、教室運営費や冷暖房費など他名目でのご請求はありません。

2018年2月半ば現在、志望校合格率は100%を継続しています。

誰がどこに、とは上記の考え方より公開しませんが、石川県内の高校であれば二水高校レベルまでは生徒さんが進学しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする