個別指導塾Aceに通う生徒さんの成績アップ実例


個別指導塾Aceで勉強している中学生、高校生がどのような成績アップを手にしたのか、その一部をご紹介していきます。

数学
50点前後でフラフラ → 安定して70点オーバー

同じような点数の動きをしていった中学3年生の生徒さんは何人もいます。

数学が苦手であっても、個別指導塾Aceの教え方であれば点数が取れるようになります。

英語

50点前後でフラフラ → 70点を超えて得点源に
苦手科目で統一テスト35点 → 公立入試本番で75点

センター模擬試験 50点前後 → 3ヶ月後のセンター試験本番 120点超え

個別指導塾Aceは英語に強い学習塾です。

上記はほんの一例であり、7~8割できている生徒さんであれば8~9割までできるように持っていきますし、英検受験は全員合格という結果も残しています。

英文法、長文読解、英作文それぞれにおいて得点を稼ぐことのできる教え方を実践しています。

国語
学年1位獲得

現代文の教え方もおまかせください。

文章の執筆だけでも全国から依頼の絶えない仕事となってしまう講師による指導で正しい日本語を書けるようになります。

書けるようになるということは、読めるようになるのです。

加えて、古文・漢文には体系的な学習を導入しています。

5教科合計点(中学3年生)

250点 → 290点
280点 → 320点
340点 → 400点
120点 → 250点

上記はいずれも、個別指導の学習塾Aceに来て3カ月~半年ほど勉強した結果です。

これだけ成績が上昇するのですから、入塾当初の目標にはもちろん手が届くようになります。

金沢市の学習塾は個別指導塾Aceで決まり!

上記してきた実例は、数多くの生徒さんが残した結果のうちの良いものだけを抜粋しているのではないかと思われるかもしれませんが、それはまったく正反対の捉え方です。

個別指導塾Aceは少人数制の学習塾ですので、絶対数自体が少ないにもかかわらず、目立つだけでもこれだけの実績を残してきています。

つまり、入塾した生徒さんが上記のような点数の動きとなっていく可能性はとても高いといえます。

志望校合格率は2017年1月現在、100%を継続中。

2018年石川県公立高校入試合格実績

2018年3月現在、100%を継続することができました。

県工、金沢西高校、二水高校を第一志望としていた全員が合格を手にしました。

なかには入塾時の点数に比べて2倍近いボーダーであったにもかかわらずクリアした生徒さんもいます。

塾で一緒に勉強していた違う中学校の生徒さん同士が、高校からは同級生になる例もいくつか見られ、今後がより楽しみな状況です。

志望校変更の推移の一部
入塾時点 合格先
錦丘高校 二水高校
北陸学院高校 金沢高校
野々市明倫高校 金沢西高校
金沢学院高校 遊学館高校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする