高校受験・大学受験に向けて模擬試験を活用していきましょう

受験対策に模擬試験を受ける意味

中間テストや期末テストでもないのに、模擬試験を受けることに抵抗を感じている中学生・高校生は少なくありません。

しかし、模擬試験を受けることはとても意味合いが深いので、積極的に活用していくことがおススメです。

中間・期末はその期間の学習範囲から出題されることはいうまでもありませんが、つまるところ習熟度チェック用の問題であり、受験本番の実践的な問題とはまったく異なります。

高校受験・大学受験に備えて実践的な問題へ慣れていくことは、受験本番でも焦ることなく問題に取り組むことへつながっていきますので、総合模試などは可能な限り活用していきましょう。

志望校合格確率を客観的に把握できる

模擬試験を活用することで目標とする志望校への合否判断が客観的にできます

現段階で、合格する確率がどれくらいであるのか掴んでおくことで、ワンランク上を狙ってみようと思ったり、もっと頑張らないと間に合わないと自覚したり、受験本番までの学習スケジュールも明確化していきやすくなります。

石川県の公立高校を狙うような場合、クラス内で自分がどのあたりの位置にいるのか、学年順位はどうなのかなど、ある程度は参考にできる情報が日頃より得られるので、誰かの点数と志望校をいくつか知るだけでも比較対象としながら志望校決定ができます。

しかし、より正確に状態を把握したい場合には学校外部、受験本番におけるライバルたちとの比較データを参考とした方がいいのは間違いありません。

大学受験であれば総合模試の重要性はさらに高まります。

学校内、学区内での勝負ではなく、全国区での合否争いをしなければならないので、全国版のデータが必要となります。

これは決して通っている高校から得ることのできる情報ではないので、情報を得るための投資としても模擬試験を活用すべきでしょう。

模擬試験の結果が悪くても大丈夫!

模擬試験は有益なデータが得られ、受験本番での問題対処能力を高めることのできるものですが、“現在、点を取る自信がないから”と敬遠してしまう人もいます。

確かにいい点数を取りたいと思うのはわかりますが、別に試験は恰好をつけるために受けるものではありません

模擬試験で点数が良かろうが悪かろうが、人生を左右するものではありません。

点数を取る自信がないとき、本当に自分が点を取れないことを自覚するのも大切なことです。

点数が取れないことを自覚するから、危機感を感じ、より受験勉強に励んで点数が取れるようになればいいだけのことです。

これから控える高校受験・大学受験まで、“ヤバい・・間に合いそうもない”と危機感を感じているようであれば、個別指導の学習塾Aceにお任せいただければ、金沢市内の他のどの塾よりも結果へと近づくことができるでしょう。

短期間の学習サポートでもテストでの点数が取れるようになり、自信を一つひとつ重ねていきながら受験本番へと向かっていくことができます。

ただの理想論ではなく、実績として残してきておりますので、逆転していきたい方は迷わず個別指導塾Aceまでお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする