祝!私立受験は全員が合格【高校入試・大学入試】

金沢市の個別指導の学習塾のAceに通っていただいている生徒さんの今年度の受験結果が続々と寄せられております。

見事、全員が私立高校・私立大学からの合格通知を受け取ったようで、個別指導塾Aceの塾長もちょっと安心していますが、本当の受験はここから、という思いは例年通りであり、この週末も上位校の合格を確実としたい生徒さんたちは個別指導塾Aceから出された課題に取り組んでいることかと思います。

他人が油断している、現在にどれだけ勉強できるかがチャンスであり、そこでギュッと濃縮した学習内容を塾で過ごしてもらうのが個別指導塾Aceの強みです。(もう受験が終わり、という生徒さんには、高校入学後に通じる学力形成をメインとしながら受講いただいております。)

石川県公立高校入試の志望校選定は?

今日、きっと多くの中学3年生が公立高校の志望校について、これでいいのかどうか悩んでいることかと思います。

特に石川県、金沢市は公立高校が優れていると大人たちが判断する傾向があるので、それに影響された子供たちが必要以上に悩んでいるような気がするにも正直なところです。

大学受験に向けてほったらかしの公立よりは、手厚くサポートしてもらえる私立のほうが良かったりもするのですが、こういった話は石川県金沢市においては若干タブー視されており、あくまで公立メインとしなければならないようです。

さて、公立高校の志望校選びにおいて重要なことは何かといえば、3年後の目標を明確とした進路選定をすることに他なりません

3年後、大学受験をするのか、それとも就職するのか、といった進路を明確にすることで、それにふさわしい学校選びをすることができます。

その学校で、どのような経緯を辿るのかイメージすべき

そもそも、なぜ優秀な高校とそうでない高校にわかれると思いますか?例えば、泉丘や二水と比べ、明倫や伏見は偏差値的に劣っていますが、この根本的な理由はどこから生じているのかご存知でしょうか。

受験する学校の偏差値とは、いわば人気投票と同じようなものであり、先々の進路に優れた学校であるほど人気が集まり、その結果として偏差値が高まっていきやすいのです。それらの学校には、もちろん3年後の目標がいくらか同一となる集団が属することとなります。その後、異なってくるのは、その集団のレベルであり、お子様それぞれのスタンダードラインとなってくるのです。

回りくどい言い方となってしまいましたが、石川県公立高校入試で上位校を目指す根本的な理由としては、所属する集団が勉強する者たちで構成されているか否かなのです。

上記の判断は、本当に大学受験以降を知り尽くした個別指導の学習塾Aceの塾長にしかわからない部分もあるのですが、このような進路相談についても承っていますので、生徒さんが納得した進路選びをできるのが個別指導塾Aceの特徴であるといえるでしょう。

例年、新規生徒さん募集枠は小さめですので、早々にお問い合わせいただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする