冬からでも高校受験対策は間に合う??

今日の教室からの景色です。

いよいよ医王山スキー場のゲレンデにも雪が積もり始めたようです。

山々が白みを帯びてきている様子が、冬が近づいてきているのを伝えてくれています。

石川県総合模試の結果を受けて行動すべきは?

2019年の高校受験を目指す中学3年生の多くが昨日の石川県総合模試を受けたのではないでしょうか。

高校受験に強い個別指導塾Aceでは、12月頭の石川県総合模試の受験を推奨しています。

その理由は、冬休みから高校受験本番までの過ごし方を決めていくためです。

現時点での客観的かつ相対的な評価があれば、志望校選びの判断材料としても、とても参考になります。

昨日の石川県総合模試を受けた結果は早々に届きますが、“あくまで12月上旬での実力”を測るものなので、過度に自信を得たり、失ったりしないようにすることが必要です。

冬到来!中学3年生の冬休みの過ごしかた

冬休み明けに第2回統一テストを受け、その後は慌ただしく日にちが流れていきます。

あっという間に私立高校入試となり、そのまま公立高校入試へと突入するわけですが、高校受験を控えた中学3年生の冬休みの過ごしかたは、事前にスケジュールを組むことが大事です。

例年、

「とりあえず高校生にはなれるから!」

と2月に口にする中学3年生がいます。

このように、2月の私立高校入試を終えてから息切れしてしまう場合は少なくないので、冬休み前から1月にかけての過ごしかたはそれぞれが考えていかなければなりません。

個別指導塾Aceでは、それぞれに冬休みの過ごし方も含めた提案をしていますので、一歩ずつ歩みさえすれば、より有意義な冬休みを過ごすことができると思います。

冬からでも高校受験対策は間に合う?

短期間での受験対策は戦略を講じるのがポイントです。

・受験科目は5教科

・志望校のボーダー目安

より、何をどうすべきなのか、を明確とし、その目標に到達することを最優先とした学習プランの進行が大切です。

同じ志望校を目指すボーダー以上の中学3年生も冬休みからは真剣に勉強に取り組むのですから、これまでと同じ学習ではその差はなかなか埋まりません

そのような状況にモチベーションを落としてしまうケースもあるでしょうが、大抵の場合、相対的な目標しか見ておらず、自分なりの目標を持っていないからそうなってしまうのです。

目的のために戦略を講じ、その戦略を構成するステップひとつずつを目標とする。

これを突き詰めて考えてみるといいと思います。

よくわからない場合は、個別指導塾Aceへとお任せください。

中学3年生は冬休みまでにあと1名だけお席ございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする