個別指導塾Aceの教え方と、覚える感心

個別指導の学習塾Aceの雑記です。

金沢市野町駅近くにある個別指導塾Aceの教え方

本日はざっくばらんに綴ってみたいと思います。

個別指導の学習塾なので、それぞれの習熟度を把握しながら、独自の学習プランで進めていきます。

その過程で、できない箇所、は必ず発生しますし、半分以上が不正解となることもありますので、その時点で苦手な範囲であることが明確になります。

このようなとき、その場でのケアはモチロンなのですが、自宅で復習するように言います。

その日にやった範囲だけでいいので、そこだけ繰り返すように伝えます。

次回の塾の時間に、課題となっていた部分をもう一度やってもらい、習熟度を確認すれば、自宅でどれほど勉強したのかわかります。

個別指導塾Aceの教え方は、自宅での学習と塾での時間をリンクさせながら、そこへ学校での進捗を絡めていくので、しっかりと足元から固めていくことができます

やって、できないのは恥ずかしいことではありません。

やらないことが最大の問題なのです

でも、やってこなかったからといって、塾講師が怒ることはありません。

その場で適切なケアをしますので、自然と勉強するようになるのが個別指導塾Aceの特徴なのです。

感心させられることの方が圧倒的に多い

上でも習熟度確認する際、驚かされることの方が多いのも興味深い点です。

半分以下の正答率だった個所が、次回には8割以上できるようになっているのですから、自宅でしっかりと塾での時間を振り返ってくれたこと思うと、講師側もどことなく報われた感じがしてきます。

受験勉強自体もそうですが、何事においても、やらなければ評価されるはずがないのです。

勉強に置き換えれば、点数として評価されますが、できないにもかかわらず勉強していなければ、それは低く評価されて当然なのです。

勉強に終わりなどありません。

勉強にあるのは期限のみです。

その期限到来時に、志望校から高く評価されるようにすることこそ、個別指導塾Aceの役割だと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする