受験とは決戦。本当の相手は自分自身。


泉野から増泉までいつも徒歩で通勤していますが、途中で金沢でも昔からある塾のひとつである志向館という授業型の塾があります。

その正面に、“決戦!”と書かれた看板が掲げられていたのですが、まさに受験とは決戦に他ならず、とても的を射たメッセージだなと思いました。

高校受験を控えた中学校、大学受験を控えた高校での指導では、集団を相手に指導するせいもあってか、“男女仲いいんだから、今年の受験は皆さん頑張れます!”とか、“受験は連帯責任だ”との迷言も飛び出していると耳にしますが、高校受験も大学受験も自分一人で戦うものに他なりません。

同じ志望校を狙うライバルよりも点数を取ればいいだけ、の話です。

どうやったら自分がよりスコアを重ねることができるのか意識した学習計画をこの春より立てていくのがおススメです。

特に中学3年生は、目先に修学旅行があり、改元に伴う大型連休が控えていることから、どのような授業スケジュールを組んで難しくなる中学3年生の学習範囲をケアするのかを考えなければなりません。

「夏になってから。部活が終わってから。」

と考える人も多いでしょうが、切り替えがうまくいかなかったときのリスクも考慮して早めのケアを講じたほうがいいでしょう。

受験とはライバルに勝つために、自分と戦わなくてはならないものです

できない個所を集中的にカバーできる高校受験指導

個別指導塾Aceには泉丘高校や二水高校、桜丘高校レベルの生徒さんもいれば、勉強が苦手な生徒さんにもお越しいただいております。

基本的なスタンスとして、できない個所を炙り出しながらカバーしていくことに重点を置いているため、塾で過ごす時間は常に成長を促すものとなっており、自宅で“この個所をしっかりと反復しておくように”との指導や課題を加えることで、習熟度の向上を図るように進めています。

令和となって最初の高校受験に向かう中学3年生の皆さんは、是非、個別指導塾Aceで高校受験対策をしてみてはいかがでしょうか。

泉中学校高岡中学校に通っていれば、自転車や徒歩で通いやすいでしょうし、遠方からの送迎にも便利な環境なので、金沢市内の中学校に通っている多くの皆さんにお越しいただければと思います。

次の春、新しく高校生となる本人が納得できる結果を得られる塾をお探しであれば、個別指導塾Aceまでお声かけください。