ケアレスミスは個別指導で修正していこう


秋も深まり、早くも11月となりました。

大学受験生にとっては3~4ヶ月で向こう4年間、そしてその先も決まるわけであり、高校受験生にとっても向こう3年間、さらにその先へ向けてどのような環境で勉強するのか、が決まります。

共通して言えるのは、もうケアレスミスを笑っていられない時期に来た、ということです。

ちょっとした計算ミス、書けるはずの英単語のスペルミス、漢字の書き損じ、で減点されるのがいかに勿体ないことなのか、もっと真剣に受け止めなければなりません。

こういったミスを避けるには、日頃からの心がけが大事です

高校受験や大学受験に強い個別指導塾Aceでは、これらケアレスミスをかなり指摘しています。

スペルミスをしている場合には、正しい綴りを。

計算ミスしている場合には、行った計算を見せてもらい、どこでミスしているのか、その場で指摘しています。

ケアレスミスは、合格の座を争うライバルに「お先にどうぞ!」と道を譲る行為と同じなので、受験本番時には絶対にやってはいけません。

実は間違った知識を正解と思い込んでいる場合も・・

ケアレスミスだと思っていたものが、実は知識が根本的に間違っている場合もあります。

アドバイス(advice)という単語がありますが、“アドバイスした”という文章を書かせられるとき、“adviced”と書いてしまう中高生は少なくありません。

正解は、”advised”ですが、こういったケースは単純なスペルミスではありませんので、根本的な知識をアップデートしなければなりません。

このような細々とした指摘ができるのも、個別指導というスタイルの学習塾へ通っていただくメリットです。

個別指導塾Aceはオールラウンドな対応が可能

個別指導塾Aceは大学受験に向けては文系国公立、文系私立に対応しています。

高校受験においては、泉丘、二水、桜丘、錦丘、金沢西をはじめ、石川県内どの公立高校・私立高校の受験にも対応しています。

時間増や受講日時の変更にも柔軟に対応していますので、まずは何でも気軽にご相談ください。