勉強できるかどうかではなく、【やるかやらないか】

中学生となって初めて選びをしようと考えている保護者さんは多いと思います。

もしも、“いつから通ったほうがいいのか・・”とお悩みであれば、今すぐに塾へと問い合わせるようにするのがおススメです。

その理由は、後回しにすればするほど、お子さんのわからない範囲がどんどんと増えていってしまうためです。

年末年始が終われば、1月はあっという間に終わります。

2月になれば、“新しい学年になってから”と考えがちです。

4月になれば、少し新しいクラスに慣れてから、と思うでしょう。

2019年の場合、GWあたりは10連休となるらしいので、5月半ばまであっという間であり、すぐに中間テストが控えています。

まごまごしていると、すぐに夏休みとなります。

今日、できるかどうかは大きな問題ではない

勉強が苦手な学生の場合、それそのものがコンプレックスとなっているケースが多く見られます

自分はできない、と思っているのです。

そういう学生に限って、“できる人は最初からできる人なんだ”と思っていることが少なくありません。

できるかどうか、はどうでもいいんです。

できるようになればいいんです。

こういった教育は、学校の先生がするべきだと思うのですが・・、一人ひとりをケアできるはずもないでしょう。

できないから、できるようになるために塾へ通うのです。

できていても、もっとできるようになるために塾へ通うのです。

では、どうやったらできるようになるのか。

やるか、やらないか、だけです。

できないから、やらないままでは、いつまでたってもできるようになるはずがありません

個別指導塾Aceでは復習も、先取りもどちらも可能

ひらがなばかりのページとなってしまったので、ここから少し漢字を使用していきたいと思います。

上で、“やるか、やらないか”と書いていますが、“正しいやり方で”という一言が必要となります。

間違ったやり方で勉強していては、勉強はきっと苦痛としかならないでしょう。

英文法の知識がないのに、長文問題を全訳しろ、と言われても面白くありません。

計算ができないのに、方程式を解けと言われても、正解できませんので、何の満足も得られません。

これらをカバーするには、生徒さん一人ひとりに合わせた内容の受講をいつも受けられる個別指導塾Aceでの学習サポートがピッタリです。

個別指導塾Aceでは時間も内容もコントロールしながら、それぞれがカバーすべき学習範囲を履修できるよう、受験本番より逆算しつつ学習プランを丁寧に組み、計画性の高い学習をご提供いたしております。

残席あとわずかなので、どうぞお早めにお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする