有名私大に入りづらくなったのは当然。背景を考察。

大学受験を控え、有名私大を受験する皆さんにとって不安を煽るようなニュースが見られるようになりました。

有名私大の難化が進み、合格が難しくなっている、とのことです。

少子化の流れに逆行するような動きですが、この背景には一極集中を避けようとする地方創世があるとされています。

しかし、実際には大学間の互助会的なものであり、それが有名私大のブランドイメージの保持にもメリットあるために他ならないでしょう。

これが正解か、不正解か、はそれぞれ意見が分かれるでしょうが、もっと考えなければならないのは国公立大学の定員についてです。

保護者さんの世代からすれば共感いただけると思いますが、

「あの学力では、あの学校に合格できなかったはずなんだけど・・」

と思うケースは決して少なくありません。

あくまで予測に過ぎませんが、有名私大の難化と国公立大学の統廃合および定員削減はもっと進むことと思います。

つまり、中学生や高校生はそれらがどうなっても勝負できるように、日々の学習をしっかりと重ねていかなければならないということです。

少子化と水増しを頼りに甘い考えを持っていてもイイことは起こらないでしょうし、社会に出てからのリスクともなりかねません。

このような考えより、個別指導の学習塾Aceでは、物事がどのように推移したとしても、受験本番で志望校合格を勝ち取るための個別指導をおこなっています

残席情報

ちょうど一週間の真ん中ということもあって人気だった水曜日に空席出ています。

週2、週3での受講を考えたときに、水曜日を抑えておくことはとてもスケジュールが組みやすくなるのでおススメです。

先着2名様まで承ることができますので、お問い合わせはお早めにいただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする